結婚10周年記念は思い出の地、北海道へ

夏に結婚10周年記念で夫婦2人で北海道に旅行に行ってきました。
子供が3人いますが、子供が生まれてからは時間の余裕が無かったし、2人で旅行に行った事が無かったので今回は子供達をおばあちゃんに預けての初の試みでした。
当日まで子供達の体調が悪くならないかドキドキしていましたが、下の子も4歳になり体力もついてきたので風邪などひいても軽すみ、かなり丈夫になりました。
今回は思い出の地北海道に行く事が決まり、結婚する前に行ったことがある観光地にまた行きたいと話を進めていきました。

なかなか2人でゆっくり旅行できるタイミングもないので、ホテルは少しグレードの良い所を選び、飛行機もANAのプレミアムエコノミーにしました。
国内線でこんな贅沢をしていいのかなとも思いましたが、今回は記念日なんだから・・・と夫も奮発してくれて嬉しかったです。
楽しみにしていた旅行の当日です。

後追いする子供達となんとか笑顔でバイバイをし「今回は、2人なんだからゆっくり自分達のペースで楽しんでこよう」と空港まで話しながら向かいました。
いつものエコノミー席ではなかったので少し緊張して戸惑いましたが、搭乗口で出迎えてくれたCAさんが、笑顔で案内をしてくれホッとしました。
機内はさすがエコノミーよりシートの座り心地も良くて広く感じました。

機内サービスではモチモチしたパンと温かい野菜スープを頂きとてもリラックスした時間を過ごせました。
育児や家事から解放され、たまにはこういう時間も大切ですよね。
夫はせっかくの旅行だし!と美味しそうにシャンパンを堪能していました。
CAさんがすぐに優しい笑顔で対応してくれるので、気分もかなり良かったみたいです。

座席にあった機内販売カタログをペラペラ見ていると、いつも愛用しているロクシタンのローズの香りが限定販売してあったのを見て欲しくなってしまい、夫にねぇねぇ見て!と指をさすと「いいんじゃない」と。
この際何でも言ってみるもんだ・・・と初日からテンションがかなり高くなっていました。
10年間やってきたけど、気前もいいし、優しいし、やっぱりこの人でよかった~とシミジミ思ってしまいました(笑)

久しぶりの2人だけの時間で、会話も弾みあっという間に北海道に到着しました。
思い出の地、富良野へと足を運び、私たちが結婚するきっかけとなった顔なじみのカレー屋さんに行きました。
お店のマスターに「無事に10年経ちました!」と報告も兼ねて・・・。

10年以上も経つのに全く変わらないマスターにビックリでしたが、とても喜んでくれました。
当初を思い出しながら道内をゆっくり観光でき、これからも2人で頑張るぞ!という意気込みもわきました。
平凡な毎日もありがたいけど、やっぱり節目にはちょっと非日常的なイベントも大切ですね!